チーフエコノミスト、国際通貨基金( IMF ) 、オリヴィエブランチャード(オリヴィエ
ブランチャード)は、不況を脱する道世界経済が始まったと考えている。について
これは、 AFPが報告されている。それは、このテーマに関するブランチャードの記事が公開される予定です
IMFのウェブサイト上で8月19日。

しかし、ブランチャードは、世界の景気回復はと考えております
挑戦と時間がかかります。経済への影響
、 Lenta.ru 8月初めに書き込み、この先何年も影響を与えることになる
日本政府から撤退すると景気後退、ドイツ、フランスとの宣言
香港。すべてのこれらの国では、 GDPが許可されて第2四半期に増加した
エコノミストは、景気後退の終わりの話。以前のIMFの
緩やかな世界経済の回復はするだろうと予測
2010より前のではない。経済学者ポールを獲得、今年ノーベル賞の月に
クルーグマンは、急速な世界経済の回復が非常にありそうもないことだ
世界的な金融危機の底部に渡されるかもしれない。

Share This Post: