2009年7月に冶金企業の業績にウクライナ
2008年7月に比べて、 27で7%の鉄鋼生産をカット - アップ
2 、662万トン、 66カ国のランキングで8位に保存 - メイン
世界協会によってコンパイルされたこれらの製品の製造業者、
鋼の生産者( WSA 、旧国際鉄鋼協会
- IISI ) 。

それは危機の際に鉄鋼生産の伸びは、と言っていることに留意すべきである
唯一の二国 - 中国とインド、そして最大の落下が観察された
アメリカで - 41、6%2008年7月と比較。トップ10
7月の終わりで生産国は(50、676万トン、増加中国を含め
12、6%)、日本(7、660万トン、24、9%下がり)、ロシア(5、017000000
トン、18のドロップ、4%)、米国(4、9.71億トン、41のドロップ、6%)、インド
(4、730万トン、4の増加、3%)、韓国(4、031万トン、秋
13、3%)、ドイツ(2、694万トン、28滴、8%)、ウクライナ(2、6.62億
27で落下トン、7%)、ブラジル(2、496万トン、22のドロップ、8%)
とトルコ(2、305万トン、8の低下、5%)。減少
今年の7月の鉄鋼生産は、前月に比べて固定
生産の増加 - 日本では、トップテンのほとんどの間。
7月の主要鉄鋼生産国(世界生産の98%)
この生産の2009年製錬103、861万トン、11、1%削減
2008年7月に比べて。月〜2009年7月に、66カ国が作られている
同時期より9%低い鋼、19、652、8.98億トン
2008トップテン生産国は、最初の7つになっている
次のように2009年の数ヶ月は、次のとおりです。中国(317、313万トン、
2,9%の成長)、日本(44、349万トン、38のドロップ、5%)、インド(32、2.85億
トン、1の増加、7%)、ロシア(31、801万トン、28滴、5%)、米国(29、2.39億
トン、50のドロップ、8%)、韓国(26、913万トン、16のドロップ、6%)
ドイツ(16、528万トン、41のドロップ、4%)、ウクライナ(16、2.77億
トン、37のドロップ、2%)、トルコ(14、073000000トン、16%の低下)とブラジル
(13、061000000トン、36のドロップ、9%)。トップテン生産国
2008年に中国(502万トン、2の増加、6%)、日本を含め
(118、7万トン、1滴、2%)、米国(91、5万トン、秋
6、8%)、ロシア(68、5万トン、5のドロップ、4%)、インド(55、100万
トン、3の増加、7%)、韓国(53、5万トン、3の増加、8%)、ドイツ
(45、8万トン、5のドロップ、6%)、ウクライナ(37、1万トン、秋
13、4%)、ブラジル(33、7万トン、0に下がり、2%)とイタリア(30、500万
トン、3の低下、4%)。 2008年の鉄鋼生産の減少
トップテンのほとんどに登録された2007年と比較して、
中国、韓国とインドを除く。 2008年の主要鉄鋼生産国
で2%以上1未満であるこの生産の製錬904、1万トン、
2007

Share This Post: