MP 、公共機関のリーダー"変化のためのフロント、 " Arseniy
Yatsenyukは、ウクライナの危機を開発する必要があると確信して
国内生産と国内消費市場は、と信じている
ウクライナの経済状況は2011年に改善するために開始されます。

彼は空気ドニエプロペトロフスク地域の駅パブログラードでこれを述べ
エリア、プレスサービスのUNIAN"変化のためのフロント。" Yatsenyukは指摘する
"我々は1つだけの単純な理由で危機に瀕していた:我々は内部がありません
市場。" "我々は、外国の融資を取るウクライナの銀行にこれらの貸出金を与えた、
ウクライナの銀行は、同じお金を取り、ウクライナ人は、貸付金として与えられた。
我々は個人としてこれらの貸出金を取るし、これらを与えただろう
海外のお金は、輸入品を購入、" - と彼は付け加えた。彼によると、
従って、過去5年間のウクライナは、外国経済に資金を提供している。
Yatsenyukは、国内の消費市場の発展の必要性を強調
経済に欠かせない国産品、
ウクライナの成長。彼によると、このようなアプローチは、中国を持ってすることが可能となります
経済発展の今日のハイレベル。 "変化のためのフロント、"ノートのリーダー
の初期の兆候はあるもののので、我々は、危機を終わらせる時期は不明です
弱体化のが、"ウクライナの危機の底はまだ到達していない。" Yatsenyukは信じている
ウクライナの経済状況は2011年に改善するために開始されること。 "私は思う
2010は安定化の年、と2011番である必要があることを - 計画の年間
成長は"、 - 彼は言った。 A. Yatsenyukによると、それは感謝になります。
インフラの開発を通じて、新たな工業化、工場の建設、
道路、エネルギー部門の発展を通じて、産業と農業
経済だけでなく、国内消費市場の発展を通じて、。 "それだ
表情の二つの方法がウクライナが実際に開始されている、その後、です。
経済成長を更新、 - 変更のための戦線"のリーダーは言った""。

Share This Post: