内閣は、卸売と小売の市場でのキャンセル料を開始
2010年1月1日から販売。

これは、閣議でコメント、首相ユリアティモシェンコによって規定された
中小企業とのミーティングの成果。 "1月1日から
卸売で取引されている起業家の市場の料金から回収される
市場と小売市場、" - 首相は語った。"彼らが実際に支払う
彼らは結論のみ特許や法的賃貸契約、
市場"、の所有者に - 。ティモシェンコは付け加えた首相、別のを確信している
市場の手数料 - 予算から意味"ソ連時代の名残"、
これを実行しないでください。ティモシェンコは、近い将来における政府と約束
時間はVerkhovnaラダ市場の手数料の廃止法案になります。
また、地元の第二読会のために準備して、内閣総理大臣を追加しました
課税の一般的なシステムの問題を含めて税金や関税、
トレーダー。ティモシェンコによると、"これらの法案が検討されます。
主に議会の最初の曜日のいずれか、パーティーに
地域では、あなたが理由かもしれないと彼らは議会のロックを解除。"
プレミアは、相互作用に内務省との別個の会合を開催することを約束しています
自分たちの権利と私有財産の保護に関する雇用者と、
として現時点では"内務省 - 唯一の上部構造、どの
政府は、依存することができます。"

Share This Post: