私たちの国で、5万建設会社を採用していることを思い出して
と建設業界の11000の企業。建設部門に関与している
80万人。展示会と会議MallExpo&Retailtainmenの一環として、
これは、キエフで10月上旬に"Sotsmart"の専門家が開催されました
それらについて質問し、建設市場の専門家の間で調査を実施
今後の建設。どのような結果は、ミニ研究の過程で得られた?
ほとんどの回答者は、ウクライナは2011年で危機を克服すると信じています
(回答者の三分の一)。専門家の別の26%は、以前の日付を求めている
2010年後半。より楽観的と回答者の約21%
危機が次の最初の学期に私たちの国のために上であると信じています
年。悲観的には、調査で指摘したように、7%であった
会社"Sotsmart。"彼らは、2012年前にそのビューを保持する
ウクライナの回復が脅かされていません。他の回答者は難しい選択に発見
答え。不動産の回復のどのセグメントは、最初に開始されます?
小売のセグメント名を回答者のほぼ半数(42%)、ポータルを渡します
不動産Sotsmart。 2番目の位置が、それは驚くべきことではないとして、回答者
ホテルのセグメントを与えた。投票住宅用不動産の15%でトップスリーを閉じます。
オフィス部門で、サポーターの12%。ほとんどがvossanovlenieに願っています
最初のセグメントのピンのコテージ回答者のわずか6%。

Share This Post: