54によるガソリンに関する物品税の可能性の増加、既存の5%
レベル - トン当たりEUR170までは、その小売店、60 kopecksに高い値段になります。
リットル当たり、そして2010年にリットル当たりUSD 9ディレクターに達する可能性がある
コンサルティンググループ" A - 95 " (キエフ) 、セルゲイKuiun 。

段階的な増加を提供する法案についてコメントする専門家、、
11月1日からEUR30/tonnaで2010年11月1日までのガソリンの物品税、 - より多くの
EUR30/tonnuで、市場の場所で燃料の価格でその上昇は言った
費用の増加の後ヶ月。 "最初の段階では、30セントになる、ととなる
11月1日 - プラス別の30セント" - 専門家が予測するS. Kuiunも述べた。
その彼が手形と呼ばれるように、ディーゼルの物品税を増加する場合など
トン当たり現在のEUR70 - 95(硫黄含有量に応じて)からの燃料
アップトン当たりEUR90 - 100に、小売価格は、それが65セントに上昇することがあります
リッターあたり。 6日から4月20日平均に"- 95"から報告されているように、引用データ
ガソリン小売価格は、特に、ガソリンでは、同じレベルのまま
7、52 UAH / L、- 95 - - - 80等級02 UAH / L - 92、7、8、01 UAH /リットル。同じ時間で
グループによると減少したディーゼル燃料の平均価格は、唯一の変更
0、1%(1リットル当たり1 KOP時) - 最大7 GRN /リットル。 2008年12月議会で
ウクライナは、トンあたりEUR50ための石油製品の物品を増加している
特に、自動車用ガソリンのための - EUR60から販売されてトン当たりEUR110へ
製品。 0、2%以上の硫黄の質量分率とディーゼル燃料の物品税率
へ - 035%〜0、2%、0から硫黄の質量分率で、トン当たりEUR95に増加
トン当たりEUR85、0、005%〜0、035% - 0以上、005%ではない、トンあたりEUR80まで
- トンあたりEUR70最大。

Share This Post: