月〜 2010年6月にウクライナの経済のドル化は、 2、1減
パーセントポイント - 29 6 %へ。

"切り下げの期待因子の影響が徐々に撤廃
経済主体、及び国の通貨単位での増加の信頼
安定した減少傾向を(2010年2月から)を示します。
経済のドル化の計算されたレート - として2010年7月1日
彼は、"今年の初めの31、7%と比較して、29年、6%であった - 引用符
"インタファクス通信-ウクライナ"ウクライナ国立銀行(NBU)のメッセージ。同じ時間で
NBUは、銀行間の情報で通貨の大幅な増加をマーク
上半期の外国為替市場。外国所得の伸び
国への通貨は需要以上の供給の持続的な支配につながっている。
2010年上半期に一般的にNBU、、、純供給によると、
外貨は$ 6での正味需要、20億に対して約$ 4、5億円となる
前年同期に観察。報告書によると、
この状況は(同等の)5ドル、786億ドルを買うために1〜6月2010年NBUを可能にした。
現在の上半期における介入のNBUの"合計残高がプラス
サポートの支払与えられた2546ドル、4百万円(相当)であった
その外注のための"Naftogazウクライナ"" - 報告書は述べている。
さらに、報告書は回想その余剰通貨
NBUの介入は外貨準備の増加に寄与した:最初に
そのうちの半分は、11で4%増 - 29ドル、524億円と、十分な資金を調達する
5カ月以内の商品やサービスの将来の輸入。

Share This Post: