過去と比較して増加し、一人当たりビニツァ地域の収入で
9年生、5% - ウクライナの最高速度

全国の収益で、今年の第一四半期に、Goskomstatによると、
市民は3で増加し、7%が昨年第1四半期と比較。ないか
この記録的な成長は、比較のベースとして非常に低いと言う。したがって、
は、2009年の危機は、最初にウクライナのすべての力と利益に吹き荒れていること
昨年の三ヶ月は、ほぼ13%減少した。我々は絶対に取る場合
数字は、画像がより適切です - 年間収益は500グリブナバラ。
昨年人当たり所得は、最初に、3000グリブナいた
平均的な収入の住民全体のウクライナでは今年の4分の1が3、5だ
千グリブナ。インフレによって食べられるこの金額の大部分は、その国家統計委員会
7%、3で成長を示しています。ビニツァより収益成長のための主要な地域間の
エリアれる所得は10%近く上昇している - 2つ、2000グリブナで
2009〜2、今年の第1四半期に7000、およびハイライトの分野で
西部地域 - Volyn(7、2%)とTranscarpathian(6、1%)の地域。しかし、
それは、これらの領域は伝統的に常に収入があることに留意すべきである
ウクライナの平均以下であった、そして今、増加したものの、残る
そう。このように、ウクライナの第一四半期の収入の平均水準
3、5000グリブナ、収入volynyan 2、5000グリブナである、とTranscarpathians
合計2、2000グリブナ。収益の伸びの指導者は伝統的にされている
キエフ市(8、7%)とセヴァストポリ(9%)。住民の所得との​​間で同時に
この二つの都市、収入に大きな差がある - ので、平均
第一四半期のキエフの売上高は、今年は8、2000グリブナに達した、と
セヴァストポリの住民は、3000グリブナを$ 3の平均収入があった。

Share This Post: