世界経済は、予想よりも遅く成長すると次の年
国連の専門家は言う。

これだけでなく、途上国に影響を与えるだろうが、可能性があります
二番底。ウクライナの専門家は回復と信じている
国内需要は、外部の減少を補償しますが、それでも
2011年の同国のGDPの成長率予想を削減することをお勧めします。報告書によると、
国連の世界で"2011年世界経済の状況と展望"来年
GDPはわずか3 1%成長し、2012年になる - 最悪の場合3、5%を、
主要な国際機関の予測。比較のため、米国
経済協力開発は、その類似の数値を見込んで
$ 4、および5%と4、とそれぞれ2%、国際通貨基金(IMF)が4について語った一方、8%4 2%。しかし、
11月に、ファンドは年間3〜4%の予測の可能性悪化を発表しました。 "もし
大きな不確実性の感覚は、金融市場を継続して巻き込む
と規制当局が連携して動作しようとしていることを明確に理解があるでしょう
活動は、我々は不況の第二波に直面する可能性があります。高いがある
指摘 - 状況は"最悪のシナリオに発展するリスク
レポートインチ世界の遅い回復のための国連のアカウントで自分の予測
今年の後半に始まった経済。回復の"率
2009年半ば以降に観測された、下期に鈍化し始めた
主要先進国の弱さが一因今年、、"
- 経済社会局のディレクター言った
ロブフォス。世界有数の経済の回復の遅れと表示されます
発展途上国における商標です。平均して、彼らの成長は、1-1、5%低くなります
現在の年に比べて。国連は、ウクライナのための独立した予測をリリースしていない
しかし、CIS諸国(グルジアを含む)のために回復のペースを緩和することが期待され
2010年の4%から3へ、そして2011年から2012年で5% - 経済。すべてウクライナ語ではない
専門家は国連の結論に同意する。 "これらの予測は、私たちと一致しています - に
来年ウクライナにおける外需の悪化の背景には、カウントすることができるようになります
言わKommersantディレクター - わずか3%、せいぜい、3、5%、上記の経済成長について
経済予測研究所、ウクライナの科学アカデミー、ヴァレリーGeyets。 - を背景に
我々は次の輸入の高い水準を維持し、輸出の悪化
今年は経済に深刻な脅威になることができる。"経済学者のためのいくつかの待ち時間
IR BG資本ヴィタリVavrischuka"国連は、外需の要因を過大評価。
その悪化にもかかわらず、我々は、GDPの高い成長率を維持するために期待する
ウクライナ:4、2001年と4の8%、2012年には5%"彼によると、の復旧。
国内需要と投資は、劣化を相殺する
世界情勢:"我々は主にシフトしている以上
需要の減少が小さくなる新興市場への輸出、。"ウクライナ
輸出志向の国として、予測の予算の収入を減らす必要があります
来年、上Verkhovnaラダの小委員会の議長
支出予算Zhebrivskyiポール("我々のウクライナ人民自己")。
財務省は、に基づいて財政赤字を開発リコール
4で実質GDP成長率を予測、および5%。

Share This Post: