2011年7月、非居住者からの外貨収入は大きかった
約$ 1 3億彼らの利益の送金は、報告書は述べて
ウクライナの国立銀行。

"ウクライナのインターバンク為替市場の外国の供給でこれらの条件で
それに対する需要よりも圧倒的に大きい通貨"、 - そののレギュレータを保証
メッセージ。同時に、国立銀行は現金の市場セグメントで観察されたと言わ
外貨現金の純需要の減少。報告書はまた、ノート
月のウクライナの国立銀行は、業務を遂行すること
外貨の売買と同様に。 7月には、負
為替介入のコントロールのバランスが2.69億ドル(相当)であった
と月の間に外貨準備高のボリュームは0、6%増 - に
財の将来の輸入資金を調達するのに十分だと37ドル、80億"
4以上、6ヶ月までのサービスは"、レポートは言った。月の間
非現金取引のための対米ドルグリブナの市場率は低下
0、18% - 7、9955 UAH / USD、そしてドルの販売のためのトランザクションのための
若干強化 - 7、9989 GRN /ドル。 7月にグリブナの公定レート
16%、1日 - 7、9712 GRN /ドル、ユーロ - 0、01%で対ドルで強化
- 3669 USD / EUR、最大11とによっておりますロシアルーブルに対する
1、74% - 2、8891 grn/10ルーブル。を思い出しての最初の副頭
ウクライナイリーナAkimova推奨ウクライナの大統領の政権になるまで
外貨を売ることを控える。として報告された、代表取締役社長
金融システムの安定性を確保する上で署名したため、
との否定的な傾向の国内経済への影響を最小限に抑える
経済の安定化を目的とした国際金融市場、
と長期 - 中期インチ

Share This Post: