グリブナは、東欧の拠点となっているかもしれませんが、おそらく、その日は番号が付けられている、アナリストの為替取引は言う。

彼らは今年、円(とようにNBUで指摘しないグリブナ、 )すべての主要通貨に対して強化の年であったと確信している、とアナリストは、日本の為替介入と先進国中で最大の債務の負担を継続する約束にもかかわらず、さらにそれを強化していきます。イールド債、昇る太陽の土地は、下から2番目になります、と政府借入金の量は倍経済規模ですが、外国人投資家が保有する債券の数は、 2008年にピークに達した。 "資本維持の危険を避けるの時間では利益よりも重要なので、 nizkovolatilnye資産は要望の多い、 "正史村田、東京でのブラウンブラザーズハリマンの通貨ストラテジストは語る。 "米国と欧州におけるビジネスは不況に行っているときに、円はすべての人の需要を満たすために十分な流動性を持っていた唯一の通貨、推移している。 "

Share This Post: