あなたは、家やマンションを購入し、そのに参加する必要はない場合
建設は、その後、正確にどのような修理直接知っている。そう、
建設や仕上げ材を理解する必要があります。お使いの場合
建設や仕上げの販売または供給に関連する活動
材料は、その後、彼のクライアントを与えるためにフィールドのエースにする必要があります
必要に応じて有能な助言。

材料を構築する建築材料の種類は、することができます
いくつかのグループに分けられる:建築材料から直接
これは、建物またはその要素を作成します。これらの製品が含まれます:レンガ、
ボード、コンクリートスラブ。仕上げ。このグループは、帰することができる
花崗岩のスラブ、複合パネル、壁紙、セラミックタイル。ドライ
右の建物の材料を修正するための混合物およびソリューション、
場所、および充填材の表面を整列させるために使用、
パテ、石膏など現代仕上げ材は、後のことでした
仕上げのフラットには、建物の住宅の外観やファサードが明るい取得
通行人の注目を集めて、そして魅力的。仕上げ材の間で
あなたは、自然起源のもの(大理石、砂岩、であるものを選択できます。
石灰岩)。市場での天然素材と一緒に人工的です。
単語"男性は"長い間多くのと同義であることを中止したことが重要です。
天然のものよりも低品質。近代的生産技術のおかげで
だけではない構造と仕上げ材を得ることができる
自然に劣ることはない。彼らはそれらを凌駕する多くの方法があります。例えば、
建物の外壁の仕上げのための長い時間のためだけ自然な使用された
石。今日で、より耐久性と実用的な材料に置き換え
- 花崗岩または複合パネル。彼らは積極的に、より耐性がある
色の大規模な品揃えで、環境の影響と来る
ソリューション。鋼と装飾材料の様々な種類の。いくつかの場合
数十年前に、天井のマンションの仕上げのための普遍的なソリューション
ホワイトウォッシュと見なされ、ファサードのために - または天然の絵画に直面して
石、しかし今日は多くの選択肢があります。日常生活でそのような含まれています
換気ファサード、壁や天井などのものなどほとんどの
耐久性:近代的な材料には、次の性質を持ちます。
建築材料の非常に競争の激しい市場で
メーカーは何十年も役立つことができるような製品を、生産する。
環境にやさしい。生態学的な中立性 - それは主要な要件の一つとなって
仕上げ材の購入者に適用される。ほとんどの製品
それは価格帯に来る場合は特に、"ミディアム"と"平均以​​上"は、必ず
このパラメータに対応しています。耐火性。現代的な素材
可燃性の高いしきい値を持っている。実用性。仕上げ材
店舗で本日発表、優れた性能を持っている
元の形式を維持することができます資質、、にもかかわらず
天候の影響、そして特にその使用屋内で。
設置、組み立ての容易さ。にも最高品質の仕上げ材
それが敷設またはインストールされている場合、人気が、高価な必要はことはなかっただろう
時間と労力。これは、生産者のよく知っているので、より多くを支払う
インストールとメンテナンス製品の容易さへの注意。魅力的な
外観とそれぞれのテクスチャや色の多様な
仕上げ材の種類はほぼ無限の可能性を提供
デザイナーのための。建築資材の市場ではすべて持っている
その勇敢な建築の実現のために必要になる場合があります
と設計プロジェクト。最も困難な部分 - これで正しい選択をする
ブランド、名称、さまざまな色。

Share This Post: