あらゆる社会的な抗議に参加し、4%は、 52に用意されていません
ウクライナの市民。これは、調査の結果によって証明され
社会学のキエフ国際研究所。

基本的に、革命に参加することを望んでいない回答者の数
2009年2月( 51%)で月か12月に比べて変更されていません
2004( 51%) 、 "インタファクス-ウクライナ" 。調査によると
な選挙運動に参加し、 3月と4月に開催
23、回答者の7% 。この率は2009年2月と比較して上昇
(21 、 6%)が、 2004年12月(40 、 4%)と比較して減少した。今日の
認可集会やデモは、わずか15 8%をリリースされる予定
(16年2月2009 20、2004年12月に3% 6%)の署名を集めに従事されます。
下の集団上訴(請求と上訴) - 11 、 3%( 16%、 17 4 %) 。
ストライキへの参加は、 7と6%にそれが可能と考えています。この図
2004年( 7、 2%)から変更されていません。ストライキ行動はなる脅かす
3、 2009年2月(5% )や12月に比べて低い回答者の2% 、
2004(3 、 5%) 。ボイコットの管理の決定、政府
認可されていない会議やデモに参加し、4% 、 2を用意
- 3 、 6%、ピケット官庁へ - 4 、 0%であった。

Share This Post: