世界銀行は、ウクライナを満たさなければならない条件のリストを特定しました
金融セクターを支援するため7.5億ドルの融資を得ることができる。その
月の国家予算は、第1トランシェの手続きを改善することである受信
清算、銀行の資本増強だけでなく、改革に国家の保証のシステム
預金。

世界銀行によると、財務省に設立
銀行の資本増強することも、不良資産の流動化に対処する必要があります
彼らの回復と向上させるために仕事の後、銀行の売却
銀行の清算の手続。世界銀行はまた、権力と考えている
銀行のNBUの清算は、預金保証基金に移管されるべきである
個人は(FGVFL)2010年1月まで、Kommersant -ウクライナを書き込みます。間
融資の条件:資本注入の包括的プログラムの導入
効果的な事業を実施することができる銀行にのみアクセス可能な銀行、
活動だけでなく、実行可能な銀行グループの統合
銀行の清算のシステムを改善することにより、。 "ポイントは、ということです
ファンドは、(基金の預金保証)の追加が与えられます
権威と受動的、積極的ではないでしょう、それは今です。
ファンドは、必要に応じて財政支援バンクを提供することができるようになります。
そのようなサポートを提供する際に、それは管理権限を与えられます
と清算の手続き、" - 銀行のNBUの管理のディレクター言った
監督、管理理事会FGVFLシーリーPasichnykの頭。彼によると、
これらの取り組みは、この法案NBU副ユーリを最終決定されるために
"現在の現実"に従ってVoropayev。同時に、理事会メンバー
NBU、議会が投票することができないと確信してMP Vasyl Horbal
この再編のための。 "とすぐにVerkhovnaラダとして考慮される
この問題は、国会議員は、投資家に戻ってお金の問題に再び低下します
と資金の有効性、そして遠くのトピックから、問題を解決しない。私は思う
これは、との交渉過程で撤回することができる質問の一つであること
世界銀行。同様に、IMFとの交渉の冒頭に、私たちは話し
財政赤字の不可能性は、その後ウクライナの引数"を採用
- 彼は説明した。

Share This Post: