国立銀行は、事業のインフレ期待の緩和ノート。について
これは、 NBUに記載されています。

別の所有形態の企業経営者の調査では、実施
月では、 NBUは世界中から1271年のビジネスリーダーの見解を分析している
ウクライナの地域。 "第二四半期の企業の期待は、大幅に改善
可能な限り新しいの面で、ウクライナ経済の脆弱性を否定するが、
ショックはまだ早いです...インフレ期待は" 、危機以前の水準に減少している
- 発表文で述べている。特に、消費者物価の上昇は来
12ヶ月、4%対15の回答、で予測されている
20、 2009年1月〜3月の6% 。調査によると、現在の金融経済
国営企業は、少し安定している。年の間に、予想される
事態のさらなる正常化。誰が回答者の割合
銀行融資を誘致する計画、と彼女は5% 52 8 %に対して、53だった
以前の四半期。有意な変化を期待していない企業の割合
第2四半期におけるグリブナの為替レートは、前四半期の18 4 %に対し、 40に3%上昇した。
2009年2月に、国立銀行はビジネスのインフレ期待を増大述べた。

Share This Post: