世界で困難な状況にもかかわらず、ウクライナ経済の指標
六月業界で肯定的な進展を見せ、もう一度確認して
秋の深いポイントは既に可決されていること。大臣が主張
経済Bohdan Danylyshyn 。彼の見解では、経済が移動し始めている
まで。

経済産業省のプレスサービスによると、このシリーズについて話しましょう
要因。特に、6月の(月と比較して)、工業用のボリューム
生産は、3、1%増加した一方、年間200〜2008の平均
成長は4%、わずか1だった。肯定的な開発を実証
コー​​クスの製造を除くほぼすべての産業活動
と石油製品(マイナス2、6%)。このように、軽工業が示されている
成長14、2%、木材 - 10 1%、パルプと紙 - 3、9%。の
成長はまた、非金属鉱物製品(5、1%)となった
化学物質(4、2%)、冶金(1、1%)。もう一つの重要な
肯定的な開発経済省は述べてエンジニアリングの生産の伸び
(6、9%) - 開発の革新的な性質に特有の業界インチ
加えて、リーディング産業の一つで今年の初め以来初めて - 製造
食品、飲料及びタバコ(セクター秒を持っています
実現工業生産の構造の鋼後の場所)
- 2009年6月から2008年6月の成長率は0,9%に達している。によると
経済産業省のプレスサービスは、これは非常に重要なプラス要因です。
その開発は、実証し続け、そして農業。成長
1-6月の生産量、2009年に達した
2、農業企業を含め6%、 - 7、9%。このような状況
植物製品の出力の成長(用として提供されていました
4,9% - 2009年7月1日の収穫1、穀物700万トン)
と動物(プラス2、3%)。 "内部プロセスの復活と
ウクライナと世界市場の状況も始めていることを最初の兆候で
徐々に改善し、我々は現在のIIの半分の形成を期待することができます
遅くに向かって年間、計画通り、着実な傾向
生産の減少と2010年に国民経済に戻ります
成長の軌跡は、" - 経済産業省を信じている。月にそれを思い出して
首相ユリアティモシェンコは、ウクライナの危機が継続することを発表しました
一年半。

Share This Post: