宝くじに当たる - 前代未聞の成功。しかし、ウクライナに幸運がある
そのような奇跡は二度起こっていること!町から60歳の医師助手
Perechin Transcarpathian地域バレンコツプ秒で先週
再び状態の宝くじの一つのアパートのオーナーとなった。

勝つために - レンティーナが言うように、それは1つの目標を5年です。
住宅。 2006年8月に、彼女は住居に勝ったが、取ることを選んだ
現金同等物 - 27万グリブナ。 "私は主催者に尋ねた
または年のために住宅を待つ、またはお金を取る。手の鳥は - 信頼性が高くなります。
ママは、いくつかの、共有、彼の息子と娘の間に、車を購入、修理を行った
"銀行に残って、 - ヴァレンティナコツプは述べています。この時点で危機に動揺している
紙幣に女性を信頼し、彼女はアパートを選んだ。 "私もでわからない
2週間以内に報告されます - - しかし、テレビでなる住宅は何市です。
家は森の中に、キエフ近くIrpenに造られたと宣伝。 " Valentinaによると、
運は何を予言していません:どちらの予言の夢ではなかった、またサイン。 "に行きました
唯一の休日、毎晩祈って、ではなく、マンションの教会、および
ちょうど"私たちの父を読んで... "彼の健康を除いては何も質問しない...私ごと
私は週を再生すると、私は5のチケットを購入する。 2006年の成功はされなくなった後に私は思う
幸運。しかし、奇跡が起こった! "合格"今日。 "

Share This Post: