ウクライナにおける経済活動の安定化がない以前の期待するべきではありません
2011。この予測は、経済研究所のGlavredディレクターとのインタビューで行われました
研究と政策コンサルティングイゴールBurakovsky 。

"時間的な面、経済活動の安定化の観点から
ウクライナは、以前の2011年より予想されることは明らかではありません。最良のケースでは、
2010年にいくつかの最低限の肯定的な傾向を持っていますが、本当のこと
そして多かれ少なかれ有形2001年に同じくらい上昇するすべてのため、" - 専門家は言った。
さらに、イゴールBurakovskyはウクライナはま​​だ危機の底部を経ていないと考えている。
"あなたは我々が危機の底に近づいていると言うが、私正直にできます
に言えば、私たちは既に危機を経験していると言うことができない。唯一それを言及
阻害。我々は最終的にそれを持っているかどうか遅滞についての質問、
私がまだ開いているため、" - 専門家は言った彼によると、の成果は。
危機の底は、景気は、"場合ではない成長するという証拠になります
少なくとも、落下し続けることだろう。""つまり、多かれ少なかれ持っている
開発の安定した指標。例えば、GDPが増えることはありません
毎月または測定するために四半期ごとに、しかし、もはやが削減されます。 5月
いくつかの分野でいくつかの改善を観察した。それは、小さくなります。
しかしこれは我々が底から少し押されていることを意味する。多分
この時点で少しはウクライナの消費者の動作を変更 - 彼らはすでに
ドルとgrivnaの間で実行されず、他を求めることはありません
お金を節約するためにエキゾチックな方法。危機の終結に示している可能性があります
とどのようなそのような持っている賃金として、審査されません
そのカット、" - Burakovskyは言った。

Share This Post: